「介護、医療、子育てに手厚い配分を」

連載 ㊺
 消費増税の再延期に揺れる日本―。
 現代社会を取り巻く消費税と社会保障について、経済学者でもある金子洋一参議院議員に、川崎市議会議員として市民の視点で、意見を交わしました。

 木庭―少子高齢化、待機児童問題などで、社会保障費は毎年5千億円規模で増え続ける見通しといわれている中、安定財源を確保していかなければならない状況での消費増税の再延期となりましたが、市民としてどうなるのか気になるところです。
 金子―まず、これまで消費税が5%から8%へ3%アップなどがされてきましたが、例えば消費税3%で年間約8兆円の税収があります。一般的に「税収を社会保障に全て使うというと、8兆円分税収が増えるのだから8兆円分すべて、年金、医療、介護、子育てなどの社会保障に使うのだろう」と考えるかもしれませんが、実際には最大限で5分の1。今はもっと少なくなっています。さらに、増税をして余った分の3兆円から5兆円は、1月、2月の補正予算にまわされ、政権与党が好きな政策づくりに使われます。例えば、年金受給者を対象とした一人3万円の臨時給付金に約3900億円が活用されますが、継続して実施される事業ではなく、一時的な給付金は「バラまき」と指摘せざるを得ません。消費増税分を社会保障に使うという約束が守られていない、こうした状況を改革しなければ何も意味がないと考えるため、私は消費増税に反対してきました。8兆円が本当に使われていたら、待機児童解消や低年金対策は、すでにできているはずなのです。
本格的な待機児童解消を
 木庭―消費税率が10%になれば、社会保障充実に2兆8千億円が使われる見通しだったともいわれています。川崎市でも待機児童をはじめ医療、介護などの施策に消費増税分で充当する予定だったため、議会でもその影響について懸念を指摘しています。 
 金子―低所得高齢者への給付金支給は悪いとは全然思いませんが、高齢者に3900億円支給するのであれば、7千億円かかるといわれている本格的な待機児童解消に充てた方がいいと考えます。潜在的な待機児童も含めると、7千億円プラス1・5兆円かかるといわれています。
 木庭―川崎市では、待機児童数は4月1日時点で6人ですが、希望の保育所に入れなかった保留児童数は2554人います(5月6日発表)。待機児童対策は自治体の努力に委ねる部分が多いため、消費増税により生み出される財源で、より加速できると期待していましたが、先送りされるとどの程度影響が及ぶのか心配です。
 金子―結婚を機に退職した方や他の仕事に就労されている元保育士の方の給料を引き上げ、「保育士」が魅力ある仕事になる対策をし、施設環境を整えた上で、本格的に待機児童解消を目指していくべきだと思います。また、子育ての観点の中で子どもの貧困が問題視されています。未成年者の6人に1人が相対的貧困の中で生活をしているという現状があります。特に母子家庭の子どもの貧困がひどいもので、2人に1人以上の方が苦しんでいます。他の先進国と違い、日本の場合は母親がいくつも掛けもちして働いているにも関わらず、給与が低く、貧困から抜け出せないという課題があります。また、学生、特に大学生の2人に1人が奨学金という名の借金を背負い学んでいるなどの現状があり、日本は、OECD加盟国34ヶ国で、教育費予算が下位レベルとなっています。他にも多くの社会保障の分野でお金を使う必要があると思います。そういったものを積み重ねていくと3兆円から5兆円となり、先ほどお話しました補正予算の額と一致します。
進む少子高齢化
 木庭―介護を必要とされる方も、今後ますます増えていきます。私も介護ヘルパーの経験がありますが、保育士と同様、介護士の給料も低いですよね。人に関わる仕事は精神的にも肉体的にも過酷なものです。こうした仕事に対する国の価値観が低く、さらに、構築が進められている地域包括ケアシステムでは在宅介護を推奨しています。在宅で一体誰が介護を行うのでしょうか。今では高齢出産の方も増え、子育てをしながら介護をする「ダブルケア」という課題も出てきています。こうしたことからも、社会保障費を充実させるのは、地方自治体の立場でも喫緊の課題だと思います。
 金子―アベノミクスが始まった2012年から大企業と中小企業の業績格差が急拡大し、先日、経営利益の差が19兆円と過去最高になったという報道がありました。社会保障費に消費増税分が十分に使われていないということ、また、大企業自体は潤っていますが、多くのサラリーマンや消費者が赤字になり、購買意欲が下がっている経済状況の悪さから、経済学者の立場で考えると、消費増税は延期せざるを得ません。
 木庭―先ほどお話しました通り、来年4月に上がる予定だった消費増税分で、当然川崎市でも予算を立てているため、組み込まれている市の施策が今後どうなっていくのか、ということに注視していきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック