今年の夏は安心して遊べます

タウンニュース連載 52 平成29年6月30日号

 前回の連載(5月12日号)で私は、王禅寺ふるさと公園について、市内に4つしかない総合公園の1つであるにも関わらず、他の富士見公園・等々力緑地・生田緑地の3公園と比較して管理費が非常に少なく、管理が行き届いていないことをお伝えしました。特に入り口正面にある池に関しては、ポンプが壊れた状態で長年放置され、道路公園センターを通じて何度もこまめな清掃と改修を依頼し続けたものの、そのための予算が全くつかず、非常に不衛生なまま放置され続けたことを議会で指摘し改善を求めたところ、所管局の局長から「必要な予算を確保し、修景施設である池や流れについては、役割を果たすよう、ポンプの改修など検討し、施設を適切に管理する」との答弁を得ました。

池の水質改善へ
 この池に通じる人工の川には、池から汲み上げた水を流し、例年幼い子どもたちの水遊びに興じる姿が、ふるさと公園の夏の風物詩のように見られますが、市は当初、「この川はもともと景色を楽しむための施設であり、水で遊ぶことを想定して設置していない」という立場を主張し続けました。しかしながら、水深は非常に浅く、幼い子どもでも容易に立ち入ることができる設計のため、「衛生的な水を提供することは公園管理者である市の当然の責務である」ことを強く指摘し、安全に水遊びができるよう早急な改善を求めました。そこで、その後の経過について質したところ、ポンプ小屋の水を全て抜き、ポンプを改修した後に、池の水を一旦全て抜き、ヘドロ等をバキュームカーで取り除き、川は高圧洗浄車で汚れを流して、再び水を戻す作業を行うとの報告がありました。
 7月11日(火)~13日(木)の3日間をかけて作業するということですが、
12日(水)に関しては市民のみなさんにもお手伝いいただきたいということです。12日(水)午後1時から作業を開始しますので、ご協力いただける方は、相当汚れることが想定されますので、捨てても構わないほどの服装で、長靴、ゴム手袋と飲み物を持参の上、開始15分前に公園正面の池の前にご参集いただきますようお願いいたします。 もちろん私も言い出した責任もありますので参加いたします。
 これで今年の夏は、王禅寺ふるさと公園で安心して水遊びを楽しんでいただけます。ご家族そろって楽しい夏をお過ごしください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック