「介護、医療、子育てに手厚い配分を」

連載 ㊺  消費増税の再延期に揺れる日本―。  現代社会を取り巻く消費税と社会保障について、経済学者でもある金子洋一参議院議員に、川崎市議会議員として市民の視点で、意見を交わしました。  木庭―少子高齢化、待機児童問題などで、社会保障費は毎年5千億円規模で増え続ける見通しといわれている中、安定財源を確保していかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎の「都市農業」活性化を

タウンニュース 連載㊸  川崎市は市域面積の約4%の農地を有し、その多くが麻生区にあります。しかし、後継者や担い手不足・農業従事者の高齢化による遊休農地の発生や、土地の不適切利用など様々な課題も抱えています。そのため比較的転用しやすい市街化区域の都市化により10年間で農地は21%も減少してしまいました。今後は「指定後30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと納税を川崎市に

タウンニュース 連載㊷  今何かと話題の「ふるさと納税」ですが、正式には「ふるさと寄付金制度」といい、もともとは地方から都市部に転居してきた人が、「ふるさと」に貢献したいという思いを実現するため、応援したい自治体に対し寄付を行った場合に、居住している自治体に納める個人住民税や所得税の一定額を軽減する制度です。 他都市へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子どもは社会で育てる」 子育てしやすい街をめざして

タウンニュース連載 2016年元旦号 小児医療費助成の所得制限撤廃を  今回は、本市が実施する様々な子ども施策についてご報告します。まずは、小児医療費助成制度についてです。小学2年生以下を対象に実施していますが、0歳児は無償、1歳児以上小学2年生以下は所得制限を導入し、助成を行っています。この所得制限により、約14%の家庭が助成を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決算審査特別委員会より 宝くじは川崎市内で購入を

タウンニュース 連載㊶ みなさんは、宝くじを購入する時はどこで買いますか?なぜ私がそのようなことをお尋ねするかというと、もちろん市政に深い関わりがあるからです。  地方財政法に基づき、宝くじ収益の約40%が都道府県に収納されます。例えば300円の宝くじの場合、46・5%の139円が当選金に、11・9%の40円が印刷代な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな総合計画 課題山積み

タウンニュース連載㊵  現在、市では今後30年後も暮らしやすい川崎市であるために、市政運営の基本となる『新たな総合計画』を策定中です。今回示された総合計画素案には、議会として財源見通しや行財政改革の取り組み状況、課題認識など様々な問題点を指摘しました。  「素案」では特に、予算見通しの甘さが見受けられます。現在市債残高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長期に見合った中学校給食を

タウンニュース連載㊴  「一日のうち栄養の整った食事を摂取できるのが給食の一食だけ」というお子さんが現実にたくさんいることを実感することは、麻生区では少ないと思いますが、このような問題は貧困だけでなく、虐待も大きな要因となっています。こうした課題や成長期である中学生への食育の観点から、本市でもようやく中学校給食が導入され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害に正しい理解を

タウンニュース連載㊳  『発達障害』この言葉の持つ響きに、みなさんはどんな印象を持ちますか。   発達障害を抱えるといわれる子は、かつて30年ほど前は、一クラスに2人程度だったそうですが、現在は医学の発展に伴って病気が判明しやすくなったこともあり、一クラス7人以上と言われています。  では、発達障害についてどの程度ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万全な対策で安全なまちづくりを

タウンニュース連載㊲  先日、ある地域で不審者情報が多発し、警察のパトロール強化を要請する陳情があったことから麻生警察署で、様々な意見交換をしてまいりました。  今年の1月から3月までに発生した全ての犯罪認知件数で比較しても麻生区は、市内の他区に比べ治安のよい街といえるかもしれません。しかしながら、麻生区での注意すべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市議会をより身近に

タウンニュース連載㊱  「市議会って何をするところ?」と思っている方も、意外に多いのではないでしょうか――。  2年前に行われた川崎市長選挙でさえ、投票率は約32%という状況でした。しかし、政令指定都市である川崎市の場合、様々な権限が県から移譲されていることから、最も重要な仕事の一つに皆さんが収めた税金の使途を予算とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成27年度川崎市予算案に見る市政課題

タウンニュース連載㉟  平成27年度の川崎市一般会計当初予算案が2月6日、発表されました。人口増や地価上昇による市税増などの理由から前年度より0.3%、18億円増の6189億円となりました。しかし、一方で市債などの返還金として積み立てられている減債基金から54億円流用され、さらに平成30年までに約340億円流用される見込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ

 明日は、今回の任期中、本会議での最後の質問の日です。  早いもので、私が川崎市議会議員になってから4年が経過しようとしています。  いつもは、私たちに与えられた質問時間30分を使い、テーマを3つほどに絞って行うのですが、今回は、初めて欲張り、5つの質問をします。本当は、あと二つあったのですが、『次期』があれば…もっと丁寧に質問した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母として誇れること

先日、歯科医師会の賀詞交換会に参加した際に挨拶の中で述べたのですが、私は母親としてひとつ誇れることがあります。それは、私の二人の子どもたちは、これまで虫歯にかかったことがないということです。 もちろん私が最初から歯について詳しい知識がったわけではありません。しかし、初めての子供を妊娠中に受けた歯科検診で歯医者さんから「赤ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の役割

未明から昼にかけて降り続いた雪も、昨年ほどの騒ぎにならず、「川崎のチベット」と称される麻生区の住民としてひとまずホッとひと安心しました。l 先月行われた衆議院議員選挙が終わって間もない時期ではありますが、駅頭を再開しています。 朝などは反応が薄く、虚しい気持ちになることもありますが、週末の辻立ちは、立ち止まって聞いてくださる方、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域の高齢者のためにコミュニティづくりを

 平成26年8月に市が公表した「新たな総合計画策定に向けた将来人口推計について」によると、本市の高齢者人口は平成26年4月1日現在、26万4千人を超えていますが、高齢化率は18・4%と全国的には低い水準にあります。また、要介護・要支援認定を受けている方は4万4千人以上で16・8%を占め、さらにそのうちの2万9千人、6割以上が認知症の方と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご近所同士の助け合いで顔の見える関係づくりを

 先日、「災害時の要援護者支援に関する条例」を全国に先駆け昨年制定した神戸市に議員団有志で視察に行った際、20年前の阪神淡路大震災当時の経験談を伺って参りました。それによると、神戸市の人口は約150万人で、被災者総数は3万5千人でしたが、時間帯が早朝だったこともあり8割の人が近隣住民によって救出され、その方々の生存率は実に8割以上だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学校給食、センター方式に

 市長の公約により平成28年度から開始されることになった中学校完全給食の実施方針が決まりました。様々な検討を行った結果、生徒数の推計に基づく最大食数約3万3千食を確保するため、麻生区、中原区、幸区の3ケ所に給食センターを整備し、約3万1千食を確保します。その他、小学校との合築校である「はるひ野中学校」「東橘中学校」は、合築校舎内の調理場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市動物愛護センター  犬の殺処分ゼロを実現

 「動物愛護センター」と聞いて、「飼い主に捨てられた動物を保護するところ」「引き取り手のない動物を処分するところ」などと想像し、好印象を抱く方はあまりいないかもしれません。確かに、川崎市動物愛護センターでは平成21年に、犬が58頭殺処分されていましたが、その後、命を守るために譲渡を推進した結果、昨年はついに犬の殺処分ゼロを実現しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小中学校に防犯カメラ設置を検討することに

 昨今凶悪で卑劣な犯罪が増え、昨年も、その解決の糸口に防犯カメラが大きな役割を果たしていることを報道などで知る機会が多々ありました。  そこで、本市での防犯カメラの設置状況を調べてみると、庁舎等役所をはじめとする公共施設、ゴミ収集車や消防車等車両のドライブレコーダー、凶悪事件が発生したトンネルや、不法投棄が多発する公園などに設置されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必勝ダルマに目を入れました

今日はお日柄も良いので、ダルマさんに目を入れました。 よし、頑張るぞ!とFacebookにアップしたら直後に、ダルマさんを授けていただいた神社の方から、「政治家の場合は、反対の目じゃないの?」というご指摘が…。 確かに必勝ダルマではありますが、私は市民の皆さんの代弁者であって政治家であるという意識はいまだに低いので、「これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more